OUR STATEMENT

僕たちに発注するクライアントは、
いったい何を考えてきたのだろう。

それは、「変わりたい」という気持ち。

まったく新しいものなんて多くない時代。
新しくなりたい。新しいことをしたい。
現状からの「変わりたい」は人間の本質だと思う。

環境、ウィルス、平和、人類という大きな視点から、
来年の新事業、来月の新企画など目の前のタスクまで、
「よりよくしたい」という気持ちがなければ、前に進めない。

「このままがいい」「このままでいい」と思うこともあるけれど、
「こうなったほうがいい」ということが世の中、圧倒的に多い。

僕たちはクリエイションを通じて、
その「変わりたい」という気持ちを実現する。
「よりよくする」という社名は、
そういう意味だったのかもしれない。

デザインという目に見える価値はもちろん、
そこにたどりつくまでの「在り方」から考える。
「ステートメントデザイン」は、
変化のその先を見据えた未来のためのデザイン。

北海道で仕事をする理由として、
「食」と「観光・地域」に焦点をしぼった。
地域の未来を担う「教育」にも関心を持ち、
たくさんのプロジェクトに対して、考えてきた。
これからもテーマは変わらず持ち続ける。
だけど、新しい自分たちのビジョンとして、
国、地域、規模を問わず、
「変わろう」という気持ちを持つすべての人たちに、
確かに応えられるチームでありたい。

COMPANY PROFILE

会社名
株式会社インプロバイド
所在地
064-0914
北海道札幌市中央区南14条西6丁目5-1
KCメープルコート4F
Google Map
近隣駐車場マップ
電話番号
011-211-6578
ファクシミリ
011-211-6579
メールアドレス
hello@improvide.co.jp
設立
2007年7月
代表取締役
小林 元
メンバー数
15名
事業内容
デザイン(ブランドコンサルティング、デザインマネジメント、ビジョン・ステートメント構築、マーケティング・コミュニケーション、商品開発、パッケージデザイン、グラフィックデザイン、WEBデザイン)

MEMBER

Creative Director
小林 元Hajime Kobayashi
Copywriter / Creative Director
池端 宏介Kosuke Ikehata
Designer
川尻 固広Motohiro Kawajiri
Art Director / Designer
鎌田 美智子Michiko Kamada
Director
片桐 由貴Yuki Katagiri
Designer
八木橋 ひかりHikari Yagihashi
Designer
名畑 文草Fu Nahata
Designer
Queenie Chanチャン クイーニー
Designer
石川 ヨシYoshi Ishikawa
Web Designer
永盛 文生Fumio Nagamori
Web Designer
久米 雄斗Yuto Kume
Web Designer
木下 誠子Seiko Kinoshita
Web Designer
冨澤 美里Misato Tomisawa
Web Designer
深川 花奈美Kanami Fukagawa
Web Designer
橋本 千文Chifumi Hashimoto

AWARDS

  • ONE SHOW Design Packaging - Specialty Bronze
  • iF Design award 2019
  • Design for Asia Awards 2018
  • 日本パッケージデザイン大賞 食品部門銀賞
  • 日本パッケージデザイン大賞 菓子部門銀賞
  • グッドデザイン賞 2018/2017
  • 日本新聞協会「新聞広告賞」2017優秀賞
  • 日本BtoB広告賞2020 製品カタログ部門金賞 / 企業カタログ部門金賞
  • 札幌コピーライターズクラブ2021最高賞_2019最高賞/準最高賞

OUR SUSTAINABILITY

「好きなまち札幌で、好きな仕事をしていきたい」
という創業の思いは、会社を続けていくうちに
「北海道らしいことは、どういう仕事だろう?」
「札幌のためになることは、どんなことだろう?」
という考えに変化していきました。
2011年頃に北海道の「食」と「地域」「教育」を軸として
選択したことも、自分たちの在るべき姿、その結果です。
そして「北海道らしさ」や「札幌のためになること」を求めていくと、
それぞれに課題があることにつながっていき、
その解決には時間がかかることも知りました。
同時にデザインが解決できる範囲は、
かなり小さなことだともわかりました。
デザインとデザインの周辺におけるサスティナビリティで、
私たちは出来ることを探しながら、進んでいます。

ひとを育てることは、地域の先につながる。

文化がまちの空気を演出するなら、それを創るのは人間です。産業がまちのエンジンなら、それを動かすのもやはり人間。その人間が育つ、進むには、やはり良い学びの場が大切で、その積み重ねが地域の未来につながると考えています。
「もしかすると、こんな機会があるといいのかも。」や「もし、これが誰かのためになるなら」という気持ちで、これからの世代のため、地域のために取り組んでいます。

  • *社外
  • ・札幌大谷大学/非常勤講師(小林元/鎌田美智子/2021〜)
  • ・北海道大学大学院国際広報メディア・観光学院/デスティネーション・マネージャー(片桐由貴/2021〜)
  • ・学校法人北邦学園/理事(小林元/2019〜)
  • ・札幌市立大学/非常勤講師(小林元/2011〜)
  • ・SMFコトバワークショップ(池端宏介/2010〜)

地域から学ぶ。北海道を考える。

「まちの課題を解決するには何が必要か」というプロジェクトには、本質的な気づきや学び、そして人とのつながりの必要性が多くあります。
見た目だけのデザインで何も解決しない、と気づいてから、「Think Global, Act Local.」を考え方のベースに、より多くの人を巻き込みながら取り組み方や定着までの道のり、そして拡げ方を再構築しながら実践しています。

  • ・室蘭市 新しいまちのイメージづくり(小林元/片桐由貴/2020〜)
  • ・当別町 150周年記念事業(小林元/2019)
  • ・池田町 観光振興計画(小林元/2019)
  • ・美瑛町 丘のまちびえいDMO(小林元/2018)
  • ・当別町 道の駅とうべつ(小林元/2017)
  • ・札幌市南区真駒内商店街振興会(小林元/2015)
  • ・長沼町 地域ブランド開発(池端宏介/2014)
  • ・NPO法人札幌オオドオリ大学(小林元/池端宏介/2010)